「気持ちのいい場所」 再開致しました。

c0111150_0291322.jpg

長らく留守にしており大変申し訳ありませんでした。
お待たせしてしまった方々に心からお詫び申し上げます。

ほんの1~2年お休みしていた感覚でおりましたが、北京オリンピックの記事を見て、いったいどんな言葉
からはじめたら良いのか、うろたえてしまったほどです。

気づけば今年もあと三ヶ月。こうやって無自覚のうちに歳を取っていくのですね......。

c0111150_0291010.jpg

はなから日記というスタイルでは機能していなかったこのブログ。
完全な過去日記となりますが、週1回の更新を目標に、とぎれぬよう細々と続けて行きたいと思います。
(相変わらずゆる過ぎる目標ですみません)

c0111150_029741.jpg

たまりにたまった写真も季節日時に関係なくお届けしたいと思いますので
「いったい、いつの話題!?」という突っ込みは、ナシでお願いできればありがたいです(´∀`;)
充電期間が長かったわりにはまったく進歩なしですね。

読んで下さる方をほんのちょっと「気持ちのいい場所へ」お連れできれば幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

c0111150_028253.jpg

c0111150_02811100.jpg

[PR]

# by novitama | 2012-10-01 00:00 | 日常

猫カフェで癒される

c0111150_1993429.jpg


皆さまこんばんは。今回は今、私が夢中になっているカフェをご紹介させて下さい。

千葉県の柏にある猫カフェ「猫の手」。
柏駅は日暮里駅から常磐線で26分ですが、その距離を物ともせず、一週間とおかずに二回も行ってしまうほどのハマりよう。本当に癒されるんです。

c0111150_235812100.jpg

ちょっと怪しい雑居ビルの5階にそのパラダイスはありました。まずはロッカーに荷物を預け、スリッパに履き替えてから貴重品のみを持って入場します。料金は一時間800円。入場料+飲み物・軽食が込みになったセットメニューもあり。
(HP参照http://nekoteblog.blog32.fc2.com/blog-entry-34.html

c0111150_2353463.jpg

猫たちと遊べるプレイルームとカフェスペースはガラス張りの猫棚で仕切られています。お茶を飲みながら、棚で眠りこける猫をじっくり観察するもよし。猫じゃらしで戯れるのもよし。写真撮影OKなので激写するもよし。
ご覧下さいこの美猫ぶり。

c0111150_23464690.jpg

猫スタッフと呼ばれる猫たちは交代制勤務。スコティッシュフォールド・マンチカン・アメリカンカールなど、常時15匹くらいの珍しい洋猫たちが、お客様のお相手をします。雑誌やカレンダーで活躍するモデル猫多数。そこいらのニートよりよっぽど稼いでると思うよ。

猫ってなんてホワホワと柔らかくてあったかいんでしょう。実家に猫がいたのはもう20年以上も前のこと。猫のぬくもりを忘れていました。癒されるなぁ。
傍らですやすやと寝息をたてる小さくてあったかい生き物を見守っていると、「この子たちのためにもっと仕事がんばらなくちゃ」とか、「地球の未来のためにしっかりエコしなくちゃなぁ」と、日頃おとなげない私にも、はた迷惑な親ゴコロがムクムクと芽生えてきます。

それにしても猫を抱いて写真を撮ると、どうしてみんな顔がデレデレに緩んでるんでしまうのでしょうね。心が疲れていたら立ち寄ってみて下さい。ホワホワの猫たちがいつもあなたを待っていますよ。
c0111150_23454045.jpg
c0111150_2355577.jpg


猫カフェ「猫の手」
住 所 :〒277-0005  千葉県 柏市柏2-7-21 森田屋第三ビル5階
T E L :04-7168-8629
営業時間 10:00 - 22:00(ラストオーダー 21:30)
定休日:年中無休
アクセス :JR常磐線柏駅 東口 徒歩3分 柏駅東口を出て、ビッグカメラとそうごの間の通りを直進。しみず眼科手前を右折。一階は居酒屋日本海。
HP http://www.nekote.jp/
基本料金: 1時間800円・30分600円延長15分毎 220円
お子様料金(小学生以下)30分300円

・時計や食器、スリッパや足ふきに至るまで、店内におかれている小物はすべてが猫グッズ。
珍しい猫雑貨を眺めるのも楽しいです。
・猫本や猫マンガのコレクションも充実。閲覧可。
c0111150_23423890.jpg

[PR]

# by novitama | 2008-09-29 23:48 | カフェ・お食事・お酒

北京オリンピック 髭選手名鑑 その4

腰の痛みに耐えての五位入賞。
ハンマー投げ室伏広治選手

c0111150_34179.jpg


なーーんてカッコイイんでしょう。唇から縦三本に伸びる髭~~。
それらをぐるりと取り巻きもみあげまで繋がるライン。プラス筋肉!
他の追随を許さない最強の髭イケメン。
この髭は金メダル級だと思います!!!

c0111150_336569.jpg
c0111150_3361415.jpg

古代ギリシャの彫刻家、ミュロンの円盤を投げる像を
「これが僕の最終目標です」といってはばからない。
どんな結果にもカラリとした笑顔で屈託を見せない。
そんな独特の競技哲学も、彼なら伝説になりえます。


c0111150_3354920.jpg


戦いから、ふと素に戻ったときの穏やかな目元に萌え~。

c0111150_3413362.jpg
c0111150_3411787.jpg


父親は39歳で日本記録を更新し、
41歳まで現役を通したアジアの鉄人室伏重信。
お父様以上に長く現役を貫いて下さい!
あなたの髭をこれからもずーっとずーっと、見守って行きたいです。

c0111150_3483574.jpg

[PR]

# by novitama | 2008-08-28 00:28 |

北京オリンピック 髭選手名鑑 その3

サムライハードラー為末大選手

400m男子リレーの銅メダルで4人がウィニングランをするさなか、
スタンドで号泣する為末の姿がありました。

自らの記録は残せなかったものの、苦労を共にした仲間を
心からたたえるその思い。

「オリンピックは楽しいことばかりではなかった」という彼自身の苦難の道程と
重なるものがあったのでしょう。
漢見せてもらいました。

c0111150_1564993.jpg
c0111150_225763.jpg
c0111150_1274161.jpg


予選落ちで「引退か?」と騒がれていましたが
「自分の心の中で火が消えるかと思っていたが、消せない」と
現役続行を示唆。四年後も走る姿が見られたら嬉しいな。
唇下のまばらな髭がステキ。
まずはゆっくり休んで下さい。
[PR]

# by novitama | 2008-08-27 01:39 |

北京オリンピック 髭選手名鑑 その2

末續慎吾選手

トラック種目で日本に初のメダルをもたらした400メートル男子リレー。
引退する朝原を囲む、4人のチームワークは素晴らしかったです。
c0111150_7445272.jpg

c0111150_745397.jpg

c0111150_7451395.jpg



「僕らだけの勝利じゃなくて、日本短距離歴史の勝利だと思ってくれて
いいんじゃないかと思います」と語る末續選手。
髭、濃そうですよねー。朝剃っても夜にはうっすら生えていそう♪
謙虚な姿勢と頬の髭跡に、すっかりやられてしまいました。
[PR]

# by novitama | 2008-08-26 01:28 |

2008年 北京オリンピック 髭選手名鑑 その1

夏はどこ行ってしまったのー!?というくらい東京は肌寒い日が
続いてますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
寒いのが嫌いな私は、涼しくなるとテンションも下降↓気味です。

昨日で閉幕した北京オリンピック。浴衣にも海にも縁がなかったこの夏、
唯一、熱~い興奮をもたらしてくれのは、テレビの前で選手たちを応援したことでしょうか。

とりわけ私を興奮させてくれた髭選手たちに感謝を込めて、
北京オリンピックでの雄姿を振り返ってみたいと思います。


内柴正人選手
c0111150_7135238.jpg
c0111150_714260.jpg
c0111150_7141368.jpg


金メダル第一号は柔道66キロ級の内柴正人選手でした。
「親父なんで、親父の仕事をしっかりやりました!」
アテネに続いて金メダルは二連覇。
入念にお手入れされていそうなあご髭が魅力です。
[PR]

# by novitama | 2008-08-26 01:18 |

東京駅周辺

どんよりした風景が好きで、アルバムの中には暗い写真ばかりが並んでいます。
最近撮り続けているのは曇り空の写真。
ゴロゴロッと夕立がくると嬉しくてたまりません。

c0111150_58152.jpg

c0111150_5103850.jpg

c0111150_524460.jpg

c0111150_5151922.jpg

c0111150_5361952.jpg

c0111150_5194062.jpg

c0111150_5534144.jpg

c0111150_5324187.jpg

c0111150_4592678.jpg

[PR]

# by novitama | 2008-08-02 00:33 | 写真

プードルケーキ

 
c0111150_251599.jpg


■神保町柏水堂のプードルケーキ
バタークリームの懐かしい味。
マンガ『ハチミツとクローバー』の第6巻に登場したことで大人気だそうです。

c0111150_154438.jpg


そしてこちらは少しずついろんなケーキの薄切りが詰められたサービスパック300円。
ケーキの耳とでもいいましょうか、カットしたときに出る切れ端を袋詰めにしたものです。
クリームやトッピングがなくてもこのおいしさ!!
あっという間に売りきれるので、買えたのは運が良かったみたい♪
他のケーキ屋さんでもやってくれないかなぁ。

柏水堂(はくすいどう) 東京都千代田区神田神保町1-10 TEL:03-3295-1208
[PR]

# by novitama | 2008-06-28 23:52 | 日常

世界のナベアツ スペイン語


http://jp.youtube.com/watch?v=2htFal-uttM

小島よしおのマネに続き今回も頑張ってくれてます。
[PR]

# by novitama | 2008-06-28 23:48 | 日常

積読本とブログ更新問題

 本を買うという行為は嬉しい反面、「あーあ、また本が増えちゃうな」という一瞬のためらいを伴う。
というのも、積読本の山がたまりにたまって、これ以上本を収納するスペースがないからなのだ。
できることなら買った本はさっさと読んで処分したい。
なのに、たまにすごーくいい本に出会うと、文庫で読んだのにハードカバーも欲しくなっちゃったり、お風呂なんかでボロボロにするだろうから、きれいに保管しておく用、他の人にもすすめるための布教用などなど、一冊では足りずに二冊三冊買っちゃったり、積みっぱなしになってるのを忘れてまた買ったり、それを知らずに夫も買ってたり……と、本の山はなかなか減る気配がないのである。
整理していたら三島由紀夫の『金閣寺』が家に5冊もあって驚いた。
買った記憶は絶対あるのに見つからないため、持っているはずの本を図書館で借りることも多い。そんなことしてるから置き場所がなくなっちゃうんだけどさ。

見かけるたびに380円というのは「安すぎるー」と納得がいかなくて、堀江敏幸の『いつか王子駅で』の文庫版をまた二冊買ってしまった。親切な店員さんが、「お客様、同じ本二冊ですがよろしいのですか?」 と訊ねてくれた。
確かに薄いが、内容の素晴らしさからいったらもっと高くてももいいと思う。
『王子駅で』の良さはさんざん身内に布教してまわり、友人やアルバイトの子にも配っているのでちょっとは売り上げに貢献してるかな?(賛否が分かれるのが悲しいところだが)

迷惑かもしれないけれど、好きな本はどうしても人にすすめたくなってしまうのだ。
世の中には月に30冊近くも読む強者がザラにいて、読書が趣味だなんて迂闊には言えなくなってしまった。最近はそんなプロの本読みのおすすめに従って、月に数冊追うのが精一杯。おかげでハズレが少なくなったが、それすらも消化しきれずにたまっていくことの方が多いくらいだ。

そんな私が、本にランクづけをするとしたら、「家に置くべき本かどうか」というちょっと変わった基準なのだが、ないよりはあったほうがわかりやすいかも……という程度であることをお断りして、本の感想をご紹介するときに、下記のようなランクを設けようかなーと思います。

A.この本に出会えて良かった!何度でも繰り返し読みたい一生の宝物→厳重に保管
B.面白かった!人にもオススメしたい本→マイ本棚の見える場所に
C.とりあえず買って(読んで)損はなかった本→押入れには置いとく
D.一度読めばじゅうぶん→たぶんブックオフ行き
E.図書館で借りればオケー→即返却 
F.読んで損した→即処分 

ところで積読は(つんどく)と読むことをご存知でしたか?
長いこと(せきどくぼん)と読んでいたのは私です。


またまた間が開いてしまいました。月末に慌てて更新というのがパターン化しつつありますが、いまだに桜のトップ……。すみません。何とかしようと思います。


c0111150_23105120.jpg
庭のバラ
[PR]

# by novitama | 2008-05-31 23:14 | 日常