<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

フラメンコ・ファッションの祭典2013

c0111150_0183624.jpg

(時事ドットコムより)

スペイン、セビリアで開催された「国際フラメンコ・ファッションショー/SIMOF2013」
のスライド写真です。

こちらから
http://www.jiji.com/jc/d4f?d=d4_trend&p=flm132-jlp13980166

(写真上のアイコンをクリックすると24枚の画像が見られます)

踊る時、取りにくくて敬遠されがちなマーメイドラインのスカートですが、本場では主流のようですね。
メキシコ風の帽子も流行っているのでしょうか?

着てみたい衣装はありましたか?
[PR]

by novitama | 2013-02-26 00:18 | フラメンコ

男子禁制生理の話(その2)

(その1)はこちら
そう、長々と前置きを書いてしまったが、私が伝えたかったのがこれ。
新型ナプキン「ソフィシンクロフイット」。(今話題のアフィリエイトではありません)

これと出会ったおかげで、私の憂鬱なダウンタイムが格段に快適になった。
ナプキンでもタンポンでもない、まったく新しいタイプの生理用品である。
漏れてくる経血を受け止める、従来の吸水型シートとは大きく異なる。
膣口にぴったり密着させて覆うことにより、漏れる面にふたをするというのが近いかもしれない。

c0111150_7435057.jpg

長細い餃子のような形状は、血液を吸収させる必要がない
ため、パンティーライナーのように薄くて軽い。
しかも使用後は包装紙も本体も、そのままトイレに流せて
しまう点がすぐれものだ。
立ち仕事が多い女性のために開発されているので、
2時間近いフラメンコのレッスンもこれでひと安心。

生々しいので割愛するが、使用を終えて捨てる時、頑張ってふさいでいてくれてたのねーと、
ありがたさを実感できる。

しかし残念なことにこちらもあまり普及はしていないらしく、マツキヨでもあまり見かけない。
(ぱぱすでたまーに売っている)

生理用品がなかった時代の女性たちは、下着も腰巻を巻き付けるだけで、布などをはさんで
しのいでいたそうだ。生理も三日ほどと軽かったらしく、小用のたびに、血を排出させ、あとは
骨盤底筋のコントロールにより排出を抑えていたというのだからすさまじい。
着物で正座というゆるみのない生活スタイルならそのような鍛錬も容易だったのだろうか。

あと何年かすれば丸ごと生理を吸い出せちゃうような凄い発明がされるかもしれないし
夢のように画期的な生理用品が開発されるかもしれない。
いずれにしても、その頃にはまったく関係のない話になっていることは間違いない。

煩わしかった生理だって、私の若い頃は大変だったのよと、やがて、懐かしく思い返す
日が来るだろう。
それは数か月後かもしれないし、そう遠くない将来であることは確実だ。

早く終わってほしいと思う反面、大量に買い込んだ夜用シートを、きれいに使い切った頃に
その日が来てほしいと少しだけ願っている。

男子禁制生理の話(その1)

(※注1 視覚的なダメージに弱い  過去の日記から「きづかずにすむなら」こちらもご参照ください)
[PR]

by novitama | 2013-02-25 11:05 | 健康・アンチエイジング

男子禁制生理の話(その1)

下着をおろした途端、下半身が血まみれすぎて、気を失いかける。
とにかく生理がひどいのだ。もともと視覚的なダメージに極端に弱いため、(※注1)

自分のおびただしい血を見て「もう、ムリ。歩かない方がいい」と、自己防衛本能が
脳から勝手な指令を出す。
無様な姿で救急車のお世話にでもなったらとんでもないので、数分後にはむりやり
体勢を整え、外出先のトイレから出る。
すると、倒れるかと思ったのは気のせいで、何事もなく普通に歩ける。
バカかと思うが、毎度こんなことを繰り返している。

痛みはそうでもないのだが、こんなに出血してよく生きていられるなってくらい、
血の量がはんぱではない。
なるべく外出の予定を入れないようにしていても、毎月予測がずれる上に周期が短い。
ひどい時は20日くらいで次の生理が来るもんだから、血液の再生が追いつかずいつも
貧血に悩まされている。
更年期の予兆であり、閉経に向かってホルモンバランスが崩れているからだ。
もういい加減に終わってほしいのに、出血量は衰えることなく、外出も制限される憂鬱な
日々は当分続きそうである。


友達と生理用品を見せ合うことも皆無になって久しく、長いこと同じメーカーの製品ばかり
使っていたが、どうやら生理用品は驚くほど進化しているようだ。

少しでも快適に過ごす方法はないだろうかとあれこれ模索してみたところ、


c0111150_7291035.jpg

                                          (楽天市場より)

まずはじめにヒットしたのは布ナプキン。
ズボラな私には無理だろうけど赤ちゃんの布おむつのように洗濯して使うそうだ。
ハンカチのようにかわいらしい柄がいろいろ選べて女子度(このさいどうでもいいが)もアップ。
コストパフォーマンスはいいし、ゴミを出さないからエコという観点からもすぐれている。

石油製品から作られる紙ナプキンは、微小ながらも環境ホルモンの人体への影響が
懸念されるらしいが、木綿製なら何よりも体に安全だ。

さらに欧米では「月経カップ」という12時間も交換不要なシリコン製のカップが普及している。
タンポンと同様に、膣内に装着。流れてくる経血を、カップ内にためるしくみになっているそうだ。
さすが欧米、ちまちましていないところが大国らしい。


1個3千円ほどで、ネットで購入できる。洗って使えば10年ほど使用でき、環境に優しく安全性も
お墨付きなのだとか。c0111150_734572.jpg

c0111150_7305972.jpg


日本であまり普及しなかったのは、装用が若干難しく
日本人の体質に合わなかったせいか、はたまた国内産の安くてすぐれた生理用品が豊富なせいなのか。

走ったり、ふとした運動で、カップからドバっと血があふれ出すのではないかと、私には慣れるまで
気が気ではなさそうだ。

男子禁制生理の話(その2へつづく)
(※注1 視覚的なダメージに弱い  過去の日記から「きづかずにすむなら」こちらをご参照ください)
[PR]

by novitama | 2013-02-23 23:46 | 健康・アンチエイジング

超絶すごい三浦大知さんのダンステクニック

この動画を見るまで三浦さんを知らなかったのですが、沖縄アクターズスクール出身で
小学生の時にFolderというダンスユニットのメインボーカルとしてデビュー。
歌唱力も和製マイケルジャクソンと称賛されるほどだそうです。

詳細は「はてなブックマークニュース」より


とにかく凄いダンステクニックをご覧下さい。

[PR]

by novitama | 2013-02-21 23:55 | 気になる人物

スペイン国立舞踊団公演

c0111150_1373236.jpg


先日、フラメンコクラスの皆さんとスペイン国立バレエ団の「グリード」「セビリア組曲」
を観に行きました。
フィギュアスケートの振り付けでもその名を馳せるアントニオナハーロ氏による演出は、
恋人どうしが寝転がって抱きあったままゴロゴロと回転していったり、闘牛士と牛が
組んずほぐれつしていくうちに愛情たっぷりに睦み合ったり、男性が女性のスカートの中を
くぐったりと、大人のエロスを漂わせる斬新なもの。
「こんなフラメンコ観たことない!」という驚きの連続でした。
そのすごさを口ではなかなかうまく伝えられずにもどかしく思っていた矢先、
スペイン国立バレエ団のオフィシャルサイトで、舞台の予告用ビデオを見つけましたので
ご紹介いたします。

VÍDEOSからどうぞ
http://balletnacional.mcu.es/

こちらからは練習風景が観られます。
http://vimeo.com/balletnacional
(写真をクリックすると7つの動画が再生できます)
[PR]

by novitama | 2013-02-16 13:13 | 舞台・お芝居

ズボラな庭

ズボラなもので…
うっかりすると庭があっという間に雑草だらけになる。
気が付けば、放置しておいても自生して花を咲かせる丈夫な植物ばかり育てている。
厳密に言うと、それ以外は枯らし、淘汰された結果、強い品種だけが残ったのだ。
ガーデニングの作業自体は嫌いじゃないから、植物の成長とは無関係に、思い出した時に
世話をする。そんな適当な扱いを受けながらも、季節になるとちゃんとつぼみをつけ健気に
咲いてくれる花たちは、愛しさもひとしおだ。(だったらちゃんと世話しろよという話ですが…)

手をかけずに咲いてくれるダントツ1位はゼラニウム。枝を折って挿せば根が出てどんどん
増えるし1年中休むことなく花をつける優等生だ。ヒヤシンスや水仙、サフィニア、朝顔も、
季節になれば勝手に芽を伸ばしてくれるのでありがたい。バラは特に好きなのでたくさん育て
ているが、マニュアルどおりの世話をさぼっても、それなりに咲いてくれる健強な品種ばかりが
増えている。

最近悩まされているのは写真の雑草。
勝手に増えて、いつの間にか大きくなっている。一見すると野菜のようで、ルッコラの
ようにパックに入れたら、八百屋に並べてあっても不自然な気がしない。
レタス一玉350円以上もするこの時期、食べられたらどんなにいいだろうといつも思う。
そんなセコイことを考えつつ、今朝も庭に出てみると、手間を惜しみながらのズボラガーデンにも、
少しずつ春が近づいているようです。

c0111150_3594969.jpg

雑草抜き用のはさみと比較してもかなりの大きさです
[PR]

by novitama | 2013-02-10 08:15 | 日常

UVにもほどがある

c0111150_141291.jpg

(ロイターより)
はでなマスクをかぶっているのはプロレスラーではありません。
ビーチで海水浴を楽しむレディーたちです。
7年前に、チンタオ(山東省)でこのマスクが作られるや大ヒット! 
目下大量生産され、紫外線から肌を守りたい女性たちの必需品となってっいるそうです。

かなり不気味~。でもお肌だけではなく、髪までしっかりUVケアできそう。
日本で流行ったら欲しいかも!
これだったら体型がどんなに悲惨であろうと、大胆な水着でどうどうと歩けちゃいますね。
[PR]

by novitama | 2013-02-08 23:46 | 気になる記事から

名古屋上空に降臨した神龍

昨年末、ドラゴンボールに登場するどんな願い事でも叶えてくれるという龍
「神龍(シェンロン)」そっくりな雲が出現! と、ツイッターで話題になっていたそうです。

詳細はLive door NEWS から
http://news.livedoor.com/article/detail/7228609/

車の大きさと比較してもすごい迫力! 本当に願いを叶えてくれそうですね。

c0111150_1132830.jpg

「ドラゴンボール」神龍
c0111150_1133951.jpg

c0111150_1134318.jpg


今週は急性胃腸炎でダウン↓してしまいました。
病気になって改めて知る健康のありがたさ、大いに反省する日頃の不摂生・・・・・・。
ああ、当分お酒の締めの麺類は我慢します・・・・・・。
皆様もどうぞお気をつけ下さい。
[PR]

by novitama | 2013-02-02 23:55 | 気になる記事から