<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました。

昔の写真を見返していると、3~4年くらい前の写真でもアラフォー、アラフィフィフのお友達があまりにも若くて驚いてしまう。
もともと実年齢より若く見える人ばかりだが、頬がパンパンに張っていたり、どことなくあどけなさが残っていたりして、みんなかわいい~のだ。普段会っているとあまり気づかないが、思っている以上に変化が表れやすい年代なのだろう。

そうかと思うと同世代でも、今の方がよりきれいになっている人もいて驚かされる。話題の美魔女というやつだ。スタイルがよくなったり髪型や雰囲気が洗練されたり、歳を重ねながらも素敵に進化しているのだ。
そういう人は外見だけではなく、生き方そのものも素敵に輝いている人ばかりだ。

カメラに興味をもちはじめてから、バッグの中にはいつもデジカメが入っている。手帳にこまごまとした出来事を書き残すことが少なくなったかわりに、その時会った友人たち、気になった風景やおいしそうな食べ物などをどんどん撮るようになった。
日々三度三度上書きされていくせいか、食の記憶は驚くほどの早さで忘却の彼方へ。
料理自慢の旅館で何を食べたか、あのときのコースは何が出たのか、きれいさっぱり忘れてしまうので、写真に助けられている。
自分の写真は極端に少ないが、撮られるより撮る方が好きだ。せっかく友達からカメラを向けられても、化粧が落ちてしまった、今日はむくんでいる・ぶさいくだ (今日だけ限定ということでもないのだが) などと理由をつけては、顔を隠してしまうこともある。
そんなふうに撮っていただいたワーストショットでも、数年後に見返すと、「今よりぜんぜんましー」と思えるようになる。
まだ写真がデーターではなくフィルムで現像していた時代から、没写真をためておく箱があって、その中にアルバムからはじかれたぶさいくな私が恐いほどに山をなしている。いったんは捨ててしまおうと思いながらも捨てられずにたまっていった失敗写真。
しかし何年後かに見返してみると、恐ろしく太っていようが、顔がひどかろうが、現在のアルバムと総入れ替えしたくなるほど過去写真のほうがましで、捨てなくて良かったーと見るたびに安堵する。そのくらい私自身の老化・劣化の度合いと体型の変動は深刻だ。
歳を取って唯一良かったなと思えることは、それらのぶちゃいくな過去の自分も、時間が経つと愛おしく思えることだ。現在ひどいと思っている写真だってあと数年すれば、宝物のようにありがたくなる日が来るのだろう。
どの写真まんべんなく美しい人は、常に美しさに隙がなく、いつ撮った写真でもむらなく素敵である。そこが撮るたびに没写真を増やしていく私と決定的に違うと、妙に納得するところである。

ブログに載せる写真を探しながら、しみじみと画像ファイルに見入ってしまった。
せっかくカメラが好きでいつも持ち歩いているのだから、本当に撮るべきものは風景や料理などではなくて、そんな美しい友人たちなのだろう。
急いで撮る写真は申し訳ないほどピンボケだったりするので、これから時間があれば一人一人をじっくり撮っていきたいなと思った。
写真を撮るときはいつも、被写体になる友人たちへの「大好き」がいっぱい溢れているんだけど、それが少しでも伝わるような写真を残せたらなぁと思う。

今年もたくさん写真を撮りました。どの瞬間もみんな幸せそうに輝いていて、そんな素敵な時間を過ごしてくださった皆様に心から感謝です。どうもありがとうございました。
皆様にとって2013年が素晴らしい年になりますように。来年もどうぞよろしくお願いします。ぺこり。

c0111150_232437.jpg

[PR]

by novitama | 2012-12-31 22:51 | 日常

『The 100 Most Beautiful Faces』 「世界で最も美しい顔100人」2012年

アメリカの映画情報サイト、"TC Candler" が、『世界で最も美しい顔100人』 2012
を発表しました。
日本ではあまり知られていませんが、世界の女優やモデルを対象に、ネットユーザーなどの
投票で毎年ランキングを決定するそうです。

今年は日本から3人も選ばれるという快挙に!
桐谷美玲さん12位、佐々木希さん25位(昨年71位)黒木メイサさん54位でした。

本当に美しすぎてため息が出てしまいますねー。
皆さんはどのお顔がお好きですか?
私は欧米人!という感じより、エキゾチックな雰囲気に魅かれます。
動画の83位、リエーナさんにはっとしました。

『The 100 Most Beautiful Faces』


100人のプロフィールはこちらから
http://matome.naver.jp/odai/2135661584624636501?&page=1


※28日の記事に訂正箇所が見つかり、いまだ公開できず申し訳ありません。
たびたびお問い合わせをいただくのですが、私が下書きとして投稿した時点で日付に反映され、
実際に記事を公開する時間とタイムラグが生じてしまいます。
お待たせして申し訳ありませんがもうしばらくお待ち下さいませ。
[PR]

by novitama | 2012-12-29 23:54 | 気になる記事から

安倍政権ってどんな感じ?

どんなにバカな質問でも臆することなく訊ける人が身近にいるっていうことはありがたいことだ。
相手には「コイツ脳ミソ漏れてる?」と内心思われているかもしれないが、
「比例代表制の意味、詳しく」などと質問をしながらそんなふうにしみじみと思った今回の総選挙。

自分たちの意思でこの国を変えなければ何も変わらない。震災以降、マスメディアが発信する
情報を鵜呑みにできないことにみんなが気付き、この国について、政治について、ネット上で若い人
たちが盛んに議論し、デモや署名などの行動につなげていった。
ツイッターなどで「投票に行こう」という呼びかけや、それに賛同する書き込みをたくさん目にした。
選挙民のあり方がソーシャルネットワークによって大きく変わろうとしていたのだ。

ためちゃうからって紙の新聞をやめて電子新聞にした途端、本当に新聞を読まなくなった私でも、
かつてないほど、みんながこの選挙に関心を持っているんだなという革命前のような熱気すら感じ、
新聞をとってなかったことも、投票用紙のしまい場所もその時はすっかり忘れて「日本も捨てたもん
じゃないな」と、どこから目線?な感慨にふけったりしていたわけだ。
しかしふたをあけてみれば結果は予想どおり自民党の圧勝で、戦後最低の59.32%というがっかり
な投票率だったとか。

はてさて政治にも経済にもまったくとんちんかんな上に、新聞以前にはなから知識が欠落している
私が、詳しい人たちから聞きかじった情報と、少々の新聞記事と勝手な思いつきなどを総合して、
安倍新政権をざっくりとまとめてみた。余計なことするなっていう声が聞こえてきそうですが……。

さっそくのアベノミクス効果で株価は3年ぶりに一万円台を超え、震災前の水準へ。選挙前は1ドル
70円台後半だったのが、87円に届きそうな勢いだ。
安倍政権が打ち立てているのは、大胆な金融緩和政策によるデフレ脱却と景気回復。
消費物価上昇率も2パーセントに上げちゃうよと勢いが良い。
これまでの超円高では売っても売っても利益が出なかったから、お金をたくさん刷って1ドル90円
くらいまでに上げて行こうということだ。公共事業もバンバンやるから大手ゼネコンや建設関連企業
はウハウハ。規制緩和により金融業の業績は好転。円安になれば自動車メーカーや輸出関連企業
にも好機到来である。

景気の動向によっては先送りすることも示唆されているが、14年4月にはお約束の消費税が引き
上げられる。税率がアップする前のかけこみ消費の需要が一気に増え、一時的には景気が上昇
しても、増税後の経済はどうなるのか、不安材料は多い。 2パーセントのインフレが実現しても、
賃金の上昇や急激な雇用回復を望めないからである。当然住宅ローンの金利も上がり、収入が
アップしなければ生活は厳しいものとなるだろう。

小麦や大豆をはじめ食糧の多くを輸入に頼っている日本。食品の輸入価格上昇は、ダイレクトに
家計が圧迫される。外食産業も軒並み値上げされちゃって、どんぶり系のチェーン店も、今ほど
お手軽ではなくなるかもしれない。さらには海外製品を扱う輸入業、原材料・労働力を海外に頼って
いる、ちまたで人気の低価格ブランドにとっても、円安は経営をひっ迫。こちらも値上げが余儀なくされる。
そもそもデフレというのは、激安商戦を駆逐して、本来の適正価格に是正していくのが目的だ。
庶民のお財布に痛みを伴うものなのだ。

さて、TTPと何度も言い間違えては恥をかいたTPPだが、「聖域なき関税撤廃を前提とする限り反対」、
というYESなのかNOなのか意味がわかりにくい公約は、自民党と公明党が署名する連立合意書では
「参加に前向き」という表現に変更されたとのこと。こちらも参院選以降、後出しされそうな予感。
そんなはずではー! なんてならないことを祈るばかりである。
そうかと思えば民主党が掲げた「2030年代に原発ゼロ」は見直し。原発についても
新設すると、安倍氏はさっそく明言しているらしい。

そして最も懸念されるのは、自衛隊の名称を国防軍と変えて、憲法第九条を改訂し、集団的自衛権
が行使できるようにしようという動きである。自衛隊の隊と軍とでは役割がとんでもなく違うらしい。
維新の会とあわせて議席数が3分の2を超えるため、参院選で勝利すれば憲法九条改正は避け
られない見通しである。
領土問題ではあんなに腹が立って、対抗策がぬる過ぎると歯がゆい思いをしたけれど、いざそういう
きな臭い話になると、平和で安全な日本が参戦するかもしれないなんて絶対に想像したくない。
それらの是非が問われるのは来年夏の参院選。今回の衆院選以上に国民に大きな課題が突きつけ
られることになりそうだ。政党再編の動きなども見逃せない。

それまで自民党はねじれ国会の解消に向けて、国民とアメリカの顔色を伺いながら、大きく失速しない
ようにバランスを取りながらの政権運営となるだろう。
そして好景気ののちには超インフレがやってくることを見据え、一時的な景気回復に浮かれず騒がず、
長期的な計画を持って挑むのが吉とのことだ。
大幅に生活が豊かになるかというとそうそう期待できないが、これ以上景気が冷え込み、国力が
低下しないよう安倍政権に望みたい。
しかしながら好景気のムードだけでも実際に市場は好転しているわけで、明るく前向きにを意識する
ことは重要なのである。できるだけ長ーくいい夢を見ていたいですよね。
[PR]

by novitama | 2012-12-28 23:59 | 気になる記事から

東京駅3Dプロジェクションマッピング

忙しさにまぎれて気分が乗り遅れたまま、あっけなく終わってしまったクリスマス。
みなさんはどのようにお過ごしだったでしょうか?

私は東京駅で行われた「東京ミチテラス2012」へ、3Dプロジェクションマッピングを観に行ってきました。
3Dプロジェクションマッピングとは、建物をスクリーンに見立て、壁の色や凹凸などを計算した
上、その壁面上に3D映像をピタリと重ね合わせる(マッピングする)映像の新技術だそうです。

東京駅の赤レンガ駅舎に100キロものプロジェクター17台を使用し、迫力ある3D映像が映し出された
のですが、1回目の上映はあっという間に終了。(途中までの上映だったそう)
とにかく人が多くて遠くからしか見えなかったため、2回目以降はもう少し近い場所で観たかった
のですが……。

c0111150_329251.jpg
制止を無視してわれ先にと路上に飛び出す人たち、それを制止するスタッフたち、注意が気に入らずスタッフに食ってかかる人たちの怒号があちこちで飛び交い、会場周辺は殺伐としていました。

ニュースにもなりましたが、予想を上回る混雑により安全を確保できないとの判断から上映は中止。
その後も安全面での目途が立たず、年内の上映予定はすべて中止となりました。
本当に残念です。

東京駅に限らず、話題性抜群のプロジェクションマッピングは今後も各地のイベントで催される様子。
東京駅でも近いうちに再演されるといいですね。

YOU TUBEの動画で雰囲気だけでもお楽しみください。

東京駅3Dプロジェクションマッピング 
http://www.youtube.com/watch?v=CAYSuY5jTkQ


c0111150_3102068.jpg
望遠で撮った一枚。肉眼ではよくわかりませんでした。

・東京駅新駅舎天井
c0111150_310429.jpg

ドバイの「ワッフィモール」というショッピングセンターではじめて観たプロジェクションマッピング
c0111150_329277.jpg


c0111150_3342741.jpg


c0111150_3333163.jpg

[PR]

by novitama | 2012-12-26 23:47 | 休日・おでかけ

今年ネットで話題になった動画から 「プロポーズ大作戦」 

「I think I wanna marry you」 (君と結婚したいと思っているよ)という、女子のハートにズキュンな歌詞が大ヒットとなったアメリカ人歌手ブルーノ・マーズの『Marry You』。

今年5月、俳優のアイザック・ラムさんが、この曲を使い友人たち60名を動員してミュージカル仕立てのプロポーズパフォーマンスを仕掛けました。
彼の両親とのディナーに招待され何も知らずにやってきた恋人。彼の実家に到着すると彼女はホンダCRVの後部座席に座らされ、ヘッドフォンを渡されます。そしてパフォーマンスのはじまりです。

YOU TUBEにアップされるや世界中の感動を誘い、動画再生回数はなんと1630万回以上。

アメリカの大がかりなプロポーズは時折話題になりますよね。それに比べると日本のプロポーズはまだまだ控えめな気がします。
クリスマスはプロポーズの絶好のチャンス! いくつものロマンチックなプロポーズが演出されることでしょう。


ご友人たちの演技が素晴らしいです! 感動もののプロポーズをご覧ください。


詳細記事はこちらから

http://news.livedoor.com/article/detail/6601820/



ブログ更新の間があいてしまいすみませんでした。来週は多めに更新して挽回します!
[PR]

by novitama | 2012-12-22 23:54 | 気になる記事から

ジェシカ・アルバさんのつぶやきから 「ブラッタサラダ」

さっそくのツイッターネタですが、女優のジェシカ・アルバさんが
「間違いなく私がかつて食べた中で最高の『ブラッタサラダ』!」と写真つきでつぶやいていました。


Jessica Alba ‏@jessicaalba

Hands down one of the best burrata salads I've ever had


大きな写真はこちら

「ブラッタ」というチーズのサラダらしいのですが、これってミカンやーん! 
日本人にはあんまりありがたみがないだろうなー。
ソースが特別なのかもしれないけど。

ローマのマーケットでミカンらしきものを買って食べた記憶があります。
日本のミカンよりやや皮が厚めでオレンジに近かったような。

写真のつぶつぶは不明ですが、ソースは見た目オリーブオイルっぽいですよね?
超一流セレブご用達の高級レストランでしょうから、想像もつかないようなスペシャルな
味付けがなされているのかもしれません。

気になったので「ブラッタサラダ」のレシピを探してみると
画像検索して出てきたのはトマトとチーズを使ったものがほとんど。カプレーゼにそっくりです。

ブラッタチーズとはクリームとカード(凝乳)で満たされた新鮮なモツァレラチーズとのこと。

ミカンを使っているレシピはなかったので、一番簡単そうなこちらを参照。


おおざっぱですがこんな感じ

・粗塩 ・ブラックペッパー 
・風味づけするため手のひらで砕いたドライオレガノ 小さじ1
・ちぎったフレッシュバジル1/4カップ(飾り用にちぎらない葉も残しておくこと)
・トマト4個
・ブラッタチーズ(モツァレラでも代用可)
・エクストラバージンオイル4分の1カップ

すべての材料をボウルにぶち込んだのち、混ぜ合わせて室温で30分放置。
できあがり! と、作り方はとーっても簡単。

チーズが違うだけでほぼカプレーゼですね。
モモを使うレシピはいくつかあったけど、ミカンというのは珍しいようです。

ということはジェシカさんにとってもミカンのブラッタサラダは意外だったので「かつて最高の!」
というつぶやきになったのかな? 

ミカンの固定概念を変える新しい食べ方になるかもしれませんね!
ミカンが豊富なこの季節、作ってみようかなー。
[PR]

by novitama | 2012-12-07 23:31 | 気になる記事から

ツイッター

今更なんですがツイッターの登録をしてみました!
https://twitter.com/novitamako

なぁんて、ちょっとテンション高めの報告となりましたが、私にとっては事件でも
珍しくもなんともないですよねー。

最初に5人、フォローしなければならいということで、
人気ランキング上位の方の中から適当に……、というか興味のある方とニュースをフォロー。

あとはどうしていいのかわからないので放置していましたが、各人のつぶやきが次々と
流れてきて面白いです。

フォローのところをクリックすると私のタイムラインが見られるようですよ。
あっ、そんなこと知ってる? すごいド素人丸出しですみません。

乙武さんは香港にご旅行中だそう。
ジェシカ・アルバさんのつぶやきは、意味がわからなくても写真がかわいいのでお気に入り。

特につぶやくこともないのでブログを更新したときにでも、ちょこっとつぶやいてみようと思います。
[PR]

by novitama | 2012-12-05 23:47 | 日常

ヤバイ!かわいすぎる赤ちゃんパンダ

c0111150_18314488.jpg

(Sankei Phot AP)

中国四川省成都市パンダ繁殖育成研究基地で公開された今年7月生まれの7頭のパンダ。
同基地ルーツに誕生したパンダは8頭で、あとの一頭は和歌山県の「アドベンチャーワールド」で
優浜(ゆうひん)くんと名付けられ大人気だそうです。
(msnより)
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2012/11/1102panda/

アドベンチャーワールドの優浜くん
http://aws-s.com/animal/pandaphoto/index.php?c=8
[PR]

by novitama | 2012-12-01 00:34