男子禁制生理の話(その2)

(その1)はこちら
そう、長々と前置きを書いてしまったが、私が伝えたかったのがこれ。
新型ナプキン「ソフィシンクロフイット」。(今話題のアフィリエイトではありません)

これと出会ったおかげで、私の憂鬱なダウンタイムが格段に快適になった。
ナプキンでもタンポンでもない、まったく新しいタイプの生理用品である。
漏れてくる経血を受け止める、従来の吸水型シートとは大きく異なる。
膣口にぴったり密着させて覆うことにより、漏れる面にふたをするというのが近いかもしれない。

c0111150_7435057.jpg

長細い餃子のような形状は、血液を吸収させる必要がない
ため、パンティーライナーのように薄くて軽い。
しかも使用後は包装紙も本体も、そのままトイレに流せて
しまう点がすぐれものだ。
立ち仕事が多い女性のために開発されているので、
2時間近いフラメンコのレッスンもこれでひと安心。

生々しいので割愛するが、使用を終えて捨てる時、頑張ってふさいでいてくれてたのねーと、
ありがたさを実感できる。

しかし残念なことにこちらもあまり普及はしていないらしく、マツキヨでもあまり見かけない。
(ぱぱすでたまーに売っている)

生理用品がなかった時代の女性たちは、下着も腰巻を巻き付けるだけで、布などをはさんで
しのいでいたそうだ。生理も三日ほどと軽かったらしく、小用のたびに、血を排出させ、あとは
骨盤底筋のコントロールにより排出を抑えていたというのだからすさまじい。
着物で正座というゆるみのない生活スタイルならそのような鍛錬も容易だったのだろうか。

あと何年かすれば丸ごと生理を吸い出せちゃうような凄い発明がされるかもしれないし
夢のように画期的な生理用品が開発されるかもしれない。
いずれにしても、その頃にはまったく関係のない話になっていることは間違いない。

煩わしかった生理だって、私の若い頃は大変だったのよと、やがて、懐かしく思い返す
日が来るだろう。
それは数か月後かもしれないし、そう遠くない将来であることは確実だ。

早く終わってほしいと思う反面、大量に買い込んだ夜用シートを、きれいに使い切った頃に
その日が来てほしいと少しだけ願っている。

男子禁制生理の話(その1)

(※注1 視覚的なダメージに弱い  過去の日記から「きづかずにすむなら」こちらもご参照ください)
[PR]

by novitama | 2013-02-25 11:05 | 健康・アンチエイジング